HOME > 洗顔石鹸について > 洗顔石鹸はなぜ保湿力が高いのか

決め手は石鹸に含まれる成分

洗顔石鹸の中には保湿成分が含まれているものが数多くあります。保湿成分はグリセリン・オリーブオイルや植物から抽出したエキス、泥に含まれる成分、コラーゲン、ヒアルロン酸など、保湿力を保つため、様々な保湿成分を含んでいます。石鹸によって含まれる成分は違いますが、これが洗い上がりのツッパリ感や感想を防ぎ、肌をしっとりとした感触に仕上げるのです。

程度な洗浄成分が保湿につながる

洗顔石鹸は、ほかの洗顔料(チューブタイプの練り洗顔料)などと比べて、ほとんどの石鹸は洗浄力がマイルドになっています。これは洗浄成分の強さが違うから。一般的にチューブタイプのもののほうが洗浄力が強めで、皮脂の多い10代向けのものが多いです。洗顔石鹸はお肌に必要な内部の脂質・皮脂膜などを残しつつ汚れだけを取り除くため、保湿力が高いのです。

このページのトップに戻る